家相風水の間取りと家相風水の吉凶 > 家相に関する質問と回答

家相で家造りを考える

家相の間取り

家相風水-家相入門 土地相入門 家相の覚え書き



家相の設計

今年新築します。小さな家のため、間取りがなかなかうまくいかず、鬼門に階段と、階段下がトイレにしようと思っています。
おまけに土地も北東が角落ちしています。
しかも私は八白土星です。
大丈夫でしょうか? 凶相にならない対策はありますか

回答

家相を取り入れて設計をする際に大切な事は、吉相とする事より凶意の影響力が発生しないように心掛けて設計する事が大切です。

質問については、鬼門方位に階段上り口が宅心エリア内に指標されないよう家相とし、隅切り欠け相(斜行欠け相)となるエリアは、樹高1メートル程度の植樹をして、樹気浄化の効果により補正する事です。

間取りのまとめ方

新居を建てようと、案を練っているのですが、玄関、階段、台所、水周りの位置についてまとまらず悩んでます。
家族が多く、どの方位に設置したらよいのかまとまりません。

ちなみに、道路は北東、南西方向に長い長方形の土地の北東方向に来た方位から東方位へと縦にあります。
土地の右上角が真北です。

回答

最初に、家相の基本となる部分(張り欠け玄関トイレ台所)を良相とし、ある程度間取りが作成できた段階で、家族の方位の良し悪しを判断すれば、まとまると思います。

間取りの考え方

新築の戸建てを建てます。土地の形が旗ざお状で玄関・ベランダを東北に配置するしかないのですが、購入が決まってから家相を目にして、鬼門というのを知ってしまいかなり不安です。
また、家事動線や、他の部屋の間取りなどから南西にキッチンがきてしまいます。

回答

家相による良し悪しの影響は発生しますので、良い間取りにはならなくとも、悪い間取りにならないよう、間取りを変更する事です。


前へ

トップ

次へ
Copyright (C) 2014 家相風水の間取りと家相風水の吉凶 All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
方位学家相講座
      
鬼門の対策と家相
鬼門については色々な解釈がありますが、家相においては鬼門に適した使用用途にしないと凶相となり、その家に住む人の運気を下げてしまうことになります。鬼門の対策について説明しています。
家相の欠け対策や欠け補正
家相の欠け対策や欠け補正について、その基本となる考え方から、どのように欠け対策を行ったら良いのかについて説明します。 予算別にあわせて説明していますので欠け対策の参考として下さい。。

Google+